一般財団法人国際空手道連盟極真会館青森支部青森道場TOP > 極真会館青森道場生募集案内 > 極真会館青森道場道場生募集

極真会館青森道場道場生募集

 




極真カラテの長い歴史の中で、子供から大人まで、如何なるカテゴリーからも、東北からは誕生することの無かった世界チャンピオン。

その歴史を変えたのは、極真会館青森県支部師範代だった。

現役時代、全日本チャンピオン、世界チャンピオンを夢見て、日々稽古に明け暮れるも、試合での成績は今ひとつ伸びず。

そして、そのままの状態で現役を引退し、指導者に納まることになった。

しかし、全日本、そして世界への夢は捨てきれず、その夢をつかむことが出来なかった悔しさを忘れることができない日々を過ごしていた。

そんな中、大会でのチャンピオンになりたい、世界チャンピオンになりたいと夢見る弟子が増え始め、東北地区においては、数え切れないチャンピオンや上位入賞者が誕生する。

そんな夢を抱き、成績を作り始めた弟子達の為に、日々、指導方法を研究し、指導を続けていた。

そして遂に、世界チャンピオン誕生!その瞬間がやってくる!

時は、2008年4月

千葉県幕張メッセで開催された、「第4回国際青少年空手道選手権大会」

東北初の国際試合でのファイナリストが二人誕生する!

10歳男子+40s級決勝、10歳11歳女子+40s級決勝に進出

おしくも、10歳男子+40s級決勝においては敗れ、準優勝に終わってしまう・・・

「やはり、世界での優勝は無理なのか・・・」

そんな想いの中で、行われた10歳11歳女子+40s級決勝

本戦では、決着が着かず、延長戦へともつれ込む

残り30秒、もみ合いの中で放った、左上段回し蹴りが相手選手の顔面を捕らえた。

副審の旗が4本上がり、主審のコールが試合会場に響く


「上段回し蹴り、技有り!」

そのまま、試合は続行され、ついに試合終了が告げられる。

東北初の世界チャンピオンが誕生した瞬間である!

しかし、夢はまだ終わっていない

次の全日本、そして世界チャンピオンは君だ!!


極真会館青森県支部師範代・青森分支部長のご挨拶




押忍!

極真会館青森県支部青森道場のホームページにご訪問頂きありがとうございます。

極真会館青森県支部青森道場の指導を担当している、極真会館青森県支部師範代、青森分支部長の榊と言います。

極真会館青森県支部青森道場では、青森市内三つの道場(青森道場・青森浪岡分道場・青森西部分道場)で、一般部・少年部・壮年部・女子部と、その人個人の力量に合わせて指導を行っております。

また、ご覧頂きましたように、当道場では試合出場希望者へのバックアップも積極的にしております。

空手を学ぶ本来の意義は、「充実した心技体」を会得することにあると思います。

その為には、常日頃から努力精進をして自分自身を稽古によって鍛え磨く必要があります。

と言っても、本来人間は意志の弱い生き物ですから、何の目標も無く、或いは漠然とした目標だけで自分自身を努力精進させるには限界があります。

個々の努力を促すためには、ハッキリとした目標、それもあまりスパンの長くならないような目標を与えて上げることが必要なのです。

そして、精神の面に関して言えば、当然、道場では礼儀作法が重要視され指導が行われていますが、大会もまた礼儀作法を大変重要視している場なのです。

そのような大会というルールのある場で、そのルールを守り、尚かつ、見ず知らずの相手と試合を行うという緊張感を乗り越えるということが、非常に精神面の強化に必要な要素であり、非常に影響してきます。

ですから、普段の厳しい稽古と大会という場での緊張感を乗り越えるという二つの体験が非常に大切なことであると考えています。

大会への出場を希望する生徒に関しては、以上のような考えの基、積極的にバックアップをしております。

また、大会への出場は考えていないという方にも、その人個人の力量に合わせて、長く空手を続けることができるように、指導を行っております。


極真会館青森道場生の声



■■極真会館青森道場 千代谷徹初段 49歳■■

極真空手を続けてきたおかげで、精神的にねばり強くなれました。

何事も、精神的な強さが必要だと思うのですが、稽古の時に、疲れてきても必死に気合いを出すことで、苦しい場面でも踏ん張れる気持ちの強さが身についてきたおかげで、物事を冷静に見れるようになった気がします。

最近では、日常生活で「疲れた」「苦しい」というような、マイナス的な言葉を、口にしなくなりましたね。

これも、極真空手を始めたおかげだと思います。

これからも、地道に極真空手を続けて、自分自身をもっともっと向上させていこうと思います。

押忍


■■極真会館青森道場 菊地椋初段 中学3年15歳■■


僕が、極真空手を始めたのは、幼稚園の年長さんのときです。

始めたときは、苦しくていっぱいなきました。

でも、我慢してたくさん稽古をして、国際大会で三位に入ることができて凄く嬉しかったです。

普段の稽古では、大変なときもあるし、先生に怒られることもあるけど、楽しくて、極真空手が大好きです。

これからも頑張ってたくさん稽古をして、もう一度国際大会で入賞したいです。

押忍

■■青森浪岡分道場 盛幸司七級 45歳■■


私は、43歳で極真空手を始めました。

元々、二人の息子が極真空手をやっていて、その息子達が一生懸命に稽古に励む姿や、大会で勝ち負けを繰り返しながらも、頑張っている姿を見ているうちに、「息子達と一緒に喜びや苦しみを体験したい」という想いに駆られて入門を決意しました。

入門当初は、基本稽古だけで、大量の汗が出るし、苦しさから、サボりたいと思うこともありましたが、息子達に、情けない親父の姿を見せるわけにはいかないとの想いで必死に頑張りました。

そのおかげだと思うのですが、最近では、当初に比べて身体も強くなり、楽しさも出てきています。

それに、極真空手効果というのでしょうか、稽古に没頭していると、全てを忘れることができ、よけいなことを考えなくてもよいため、かなりストレス解消になっています。

コツコツと稽古を継続して、将来は、息子と試合をしてみたいですね。

押忍

■■青森浪岡分道場 齋藤想生2級 小学5年生11歳■■


押忍

僕は、2歳の時から極真空手をやっています。

小さかったから覚えていないけど、稽古が嫌で、最初は遊んでばかりいたそうです。

4歳くらいから、キチンと稽古をするようになりました。

大会にも出るようになって、保育園の園長さんの時には、東北大会で優勝できました。

小学1年生になってからは、国際大会でベスト8までいきました。

もう少しで、賞状がもらえるところだったのに、負けて悔しかったです。

もっともっと稽古をして、今度は、国際大会で優勝したいです。

■■青森西部分道場 神晋1級 指導員37歳■■


押忍

私が、極真空手を始めたのは20歳の時です。

当初は、こんなに続くとは思っていなかったのですが、気が付いたら35歳、15年の月日が過ぎていました。

よくここまで続いたなあと思うこともありますが、続けてこれたのは、極真空手が好きだからの一言だと思います。

通常のイメージとしては、極真空手は組手のイメージが強いのですが、実際は、基本稽古を始め、移動稽古、型、補強などをしっかりと行い、自分自身を鍛えていきます。

また、単純に強さだけを求めている人間の集まりというイメージもあるようですが、実際は、「強くなりたい人」「運動不足を解消したい人」「ダイエットが目的の人」など色んな目的の人が集まっていますし、その目的に合った指導をしてくれます。

また、親御さんが、礼儀正しくしたい、我慢強い子にしたいなどの想いで、入門する子供達もたくさんいます。

色んな目的、目標を持って集まってくる人たちに、しっかりと対応してくれるのが極真空手が、私は大好きなんですね。

そんな色んな仲間達と、一緒に頑張って、来年は、型の試合に挑戦する予定です。

■■青森西部分道場 須藤龍樹6級 中学3年15歳■■


僕が極真空手を始めたのは、小学2年生の時です。

最初の稽古は、もの凄く緊張しました。

でも、先輩達を見ているうちに、僕もあんな風に強くなりたいと思って、一生懸命稽古しました。

もっともっと強くなりたくて、青森道場にも稽古に行くようになりました。

稽古が辛くて、いっぱい泣いたり、先生にもたくさん怒られたけど、頑張りました。

最初をは、大会に出ても負けてばっかりだったけど、一生懸命頑張ったら、「2010東北地区大会」で優勝できました。

もの凄く嬉しかったです。

もっともっと頑張って、黒帯を取りたいし、全国大会にも出たいです。

押忍


極真カラテを学ぶ意義




■礼儀作法の会得と精神面の強化
極真空手の創始者である故・大山倍達総裁がその生涯を通して築き上げてきたのは、肉体の強さだけではありません。
武道家、空手家として、そして人間としての精神的強さをも極限までに鍛え磨き抜き築き上げてきました。
その、極真精神を学ぶ事により、礼儀作法を覚え、精神面を強化することができます。

■ストレス発散、ダイエット効果
昨今は、仕事や勉強の忙しさからくる運動不足などによる、ストレス社会と言われています。
ストレスが溜まりすぎ、そのストレスを発散しようと過食気味から肥満を引き起こすなど、ストレス社会は貴方を蝕んでいます。
極真空手の稽古をすることで、ストレスの発散、ダイエットができます。

■いじめない、いじめられない心身が得られる
社会問題の一つに、いじめ問題があります。
極真空手で直接相手と直接打ち合うという厳しい稽古を通して、自分自身が経験する稽古の厳しさによって、相手の痛みを知るということを学ぶことができます。
相手の痛みを知ることで、相手を労る心が養われ、また、厳しい稽古に耐えている自信から、嫌なことはハッキリと嫌と言える強い心になっていきます。
こうして養われた強い心身が、いじめない、いじめられないたくましさを身につけてくれます。


極真会館青森県支部青森道場入門のよくある質問



入門に際しての、よくある質問をまとめてみました。

Q: 見学はできますか?

A: 見学は自由です。稽古時間割を参考に直接道場までお越し下さい。

Q: 無料体験ができると聞いたのですが?

A: 各道場共1回限りですが無料で稽古に参加することができます。電話にてお問い合わせ下さい。
当日は稽古の始まる10分前位までに運動のしやすい格好(Tシャツにジャージなど)で来て下さい。

Q: 何歳から入会できますか?

A: 4歳から入会できます。まずは見学、無料体験をお勧めします。

Q: 女性の会員はいますか?

A: 女性会員も在籍しています。運動の経験の無い人でも大丈夫です。

Q: 40代・50代でも大丈夫でしょうか?

A: 40代・50代の方も稽古に来ています。ほとんどの方が未経験で特に運動経験も無い状態で始めています。
無理をせずに継続して稽古をすることで必ず体力はついてきますので自分のペースで稽古をしてみてください。

Q: 仕事の都合で稽古の開始時間に間に合わないのですが?

A: 途中からの参加でもかまいません。遅れたからといって休むよりは、途中からでもどんどん稽古に参加してください。

Q: 週1回しか稽古に行けないのですが?

A: 仕事等の都合もあり、週1回稽古参加のペースで続けている方もたくさんいます。
自分のペースで長く継続していく事が大切だと思います。

Q: どのくらいの期間で黒帯になれますか?

A: 個人差はありますが、週二回〜三回(一回2時間)継続して稽古をした場合、3〜4年で茶帯、4〜5年で黒帯を目指します。

Q: 下は何歳から上は何歳の方まで稽古に参加していますか?

A: 下は4歳から上は58歳の方まで稽古に来ています。


極真会館青森県支部青森道場入門に際しての必要な書類等


■入会手続き方法

入会の際には、入会申込書に記入・捺印のうえ、入会費とその月の月会費を納入して下さい。
又、写真(縦4cm×横3cm)2枚は、入会申込書と一緒に提出して下さい。
(但し、21日以降の入会の場合は翌月分の月会費納入となります。)

■月会費は郵貯銀行の口座より自動引き落としとなります

月会費は、ゆうちょ銀行の各支店、本店から自動引き落とし(毎月10日)となっています。
入会の際に自動引き落としのための書類を渡しますので、必要事項を記入・捺印して指導員に提出して下さい。
又、ゆうちょ銀行の口座を持っていない場合は、新しく口座を開設して頂きます。
尚、残高不足により引き落とし出来なかった場合は、翌月にまとめて引き落としされます。

■月会費・空手着

【青森道場・青森浪岡分道場】
一般         入会費5,000円・月会費6,000円・空手着15,000円
中・高・大学生    入会費4,000円・月会費5,000円・空手着15,000円
小学生以下      入会費4,000円・月会費4,000円・空手着12,000円
※但し、4号以上のサイズの場合は15,000円となります。
女子(中学生以上)  入会費4,000円・月会費4,000円・空手着15,000円

【青森西部分道場】
一般         入会費5,000円・月会費5,000円・空手着15,000円
中・高・大学生・女子 入会費4,000円・月会費4,000円・空手着15,000円
小学生以下男女    入会費4,000円・月会費3,500円・空手着12,000円
※但し、4号以上のサイズの場合は15,000円となります。
※但し、青森道場、青森浪岡分道場の何れかにも出席する少年部は月会費が4,000円となります。

■年会費について

入会された会員は、IKOポータルに登録され、毎年一回、10,800円の年会費を極真会館総本部へ納めていただきます。
納入方法は、クレジットカード決済と指定口座への振込納入からお選びいただけます。
二人以上のご家族で入会の場合、ファミリー割引が適用されて、ご家族二人以上であれば何人入会しても16,200円となります。

■武道共済(スポーツ保険)

稽古や審査会などでの怪我などへの保険として武道共済(スポーツ保険)への加入が義務付けられています。
毎年一回、高校生以上3,800円、中学生以下2,800円を納めていただきます。
納入方法は、クレジットカード決済と指定口座への振込納入からお選びいただけます。

■休会・退会について

事情により休会や退会する場合、前月の20日までに道場に備え付けの所定の用紙を記入し提出してください。

■稽古について

稽古する上で注意して欲しい過去の病暦、ケガ(特に心臓病)や特別な事情がある場合は、必ず、分支部長・指導員までお申し出ください。


 

極真会館青森道場案内

極真会館青森道場道場生募集

極真カラテの長い歴史の中で、子供から大人まで、如何なるカテゴリーからも、東北からは誕生することの無かった世界チャンピオン。その歴史を変えたのは、極真会館青森県支部師範代だっ...

極真会館青森道場詳細

極真会館青森道場稽古スケジュール月 少年部      19:00〜21:00※但し、白帯からオレンジ帯は20:30まで火 一般部      19:30〜21:...

極真会館青森浪岡分道場詳細

極真会館青森浪岡分道場稽古スケジュール【月】   19:00〜20:45 合同稽古      青森市民浪岡体育館別館2階柔道場      青森市浪岡大字浪岡字稲盛9...

極真会館青森西部分道場詳細

極真会館青森西部分道場稽古スケジュール日曜日 合同稽古    10:00〜12:00但し、第3日曜日は西部市民センター休館につきお休み極真会館青森西部分...


 
小額の資金を出資し合い